メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

「毎日出る」でも便秘注意

便がたまり腸が伸びてしまった子どもの腹部のレントゲン画像。あばらの骨の下まで届く線で囲まれた部分が便を示す=十河剛著「子供のためのうんち学 便秘編」(SBAI出版)kindle版から(図版の一部を切り取る加工をしています)

 <くらしナビ ライフスタイル>

 入園・入学から1カ月。集団生活に慣れたように見えても体に負担がかかっていることがある。便秘もその一つ。毎日排便があっても口臭やげっぷ、便漏れなどで深刻な状態がわかり、治療が必要になる例もある。

 済生会横浜市東部病院小児肝臓消化器科の十河剛副部長によると、慢性便秘症の子どもの割合は正確にはわかっていない。かかりつけ医を受診しても「そのうち治る」と言われたり、保護者が便秘がちのため、毎日排便がなくても不調だと認識していなかったりする例は少なくない。

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1471文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです