メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『壱人両名 江戸日本の知られざる二重身分』=尾脇秀和・著

 (NHKブックス・1620円)

 ある時は武士の「大島数馬」、ある時は百姓の「利左衛門」というように、同じ人間が二つの身分と名前を使い分ける--そうした「壱人(いちにん)両名」と呼ばれる存在形態が江戸時代、日本各地にたくさんあった。江戸の世といえば「士農工商の厳格な身分制度」の固定的なイメージが浮かぶが、これを打ち破る爽快な本だ。

 江戸時代は武士も、百姓や町人も、一人の人間が一つの決まった「支配」の集団に所属する徹底した縦割り社…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文527文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです