メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『壱人両名 江戸日本の知られざる二重身分』=尾脇秀和・著

 (NHKブックス・1620円)

 ある時は武士の「大島数馬」、ある時は百姓の「利左衛門」というように、同じ人間が二つの身分と名前を使い分ける--そうした「壱人(いちにん)両名」と呼ばれる存在形態が江戸時代、日本各地にたくさんあった。江戸の世といえば「士農工商の厳格な身分制度」の固定的なイメージが浮かぶが、これを打ち破る爽快な本だ。

 江戸時代は武士も、百姓や町人も、一人の人間が一つの決まった「支配」の集団に所属する徹底した縦割り社…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文527文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 2歳娘「ママーおちるー」病院ベッドで泣き叫んだ 大津園児死傷事故1カ月
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです