メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

堀江敏幸・評 『庭とエスキース』=奥山淳志・著

 (みすず書房・3456円)

北の開拓者の生きざまを描く

 一九九八年、二十五歳の青年編集者が、雑誌の仕事を通して弁造さんという老人に出会う。一九二〇年生まれで、北海道開拓者の最後の世代に属する弁造さんは、取材当時七十八歳。新十津川町のはずれ、石狩川の河岸段丘にあるかつての開墾地の一角で自給自足のための庭を造りつづけていたこの人物の存在感に惹(ひ)かれて、はっきりした計画も理由もなく、青年は写真を撮らせてほしいと頼み込んだ。出会いの二カ月後、彼は岩手県雫石に移り住み、二〇一二年に弁造さんが亡くなるまで、季節ごとに特別な庭を訪ねた。

 庭とはなにか。端的に言えば、ひとつの家族が「永続的に暮らしていけるようにと設計された」空間だ。畑と…

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1471文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです