メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

松原隆一郎・評 『日本の水産資源管理 漁業衰退の真因と復活への道を探る』=片野歩、阪口功・著

 (慶應義塾大学出版会・2700円)

 昨年11月、「第一回まぐろミーティング」なる催しが開かれた。マグロ仲卸、大間マグロ漁師・荷主らに混じって、寿司(すし)の「すきやばし次郎」・小野禎一氏やフレンチの「カンテサンス」・岸田周三氏ら料理界の重鎮が壇上に立ったのが目を引いた。

 その場で批判のやり玉に挙げられたのが、卵が熟した夏、産卵場に集まってきたクロマグロの群れを一網打尽にする「巻き網漁」である。大手水産会社の関連会社が営むもので、夏場に親魚は卵に養分を取られるし、大量に市場に入荷するため処理が雑になって身が焼ける。それゆえ身の部分は格安の刺身や缶詰になり、卵巣は魚の餌として二束三文で売られてゆく。まるで高級魚に対するテロリズムだ。それでも探す手間がかからず大間における一年間の漁獲量を一日で獲(と)れて効率が良いせいか、漁は毎年継続されている。対照的に大間の一本釣りは脂の乗った冬を最盛期とし、産卵期は資源維持のため禁漁にしている。

 素人考えでも、子どもを産ませないで親を殺すのだから、クロマグロが激減して当然だ。けれども監督する水産庁はその関係は因果が確認できないとして、マグロの巻き網漁を擁護している。これには「まぐろミーティング」のみならず津島の沿岸漁業者も腹を立て、入港してきた巻き網漁船を漁船群で海上封鎖するという事件が発生している。

この記事は有料記事です。

残り1456文字(全文2032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 馬場ふみか、新型コロナウイルス感染 自宅で療養し経過観察

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです