メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

荒川洋治・評 『ぬけ穴の首 西鶴の諸国ばなし』=廣末保・著

 (岩波少年文庫・691円)

新手法でよみがえる奇談の名作

 元禄時代の名作が新しい文章でよみがえる。語りの順序を変えるなど新しい手法で、作品の魅力を届けてくれる。

 著者は近世の文学・文化論に新境地を開いた廣末保(一九一九-一九九三)。日本各地の奇談をもとにした井原西鶴(一六四二-一六九三)の短編集『西鶴諸国咄(ばなし)』などに収められた七作を改題し、子ども向けに書きあらためたものだ。

 冒頭の「牛と刀」(信濃)。たとえ牛を売ることになっても、この刀は「けっして手放してはならないぞ」と…

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1502文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです