メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池澤夏樹・評 『大英帝国は大食らい イギリスとその帝国による…』=リジー・コリンガム著、松本裕・訳

 ◆『大英帝国は大食らい イギリスとその帝国による植民地経営は、いかにして世界各地の食事をつくりあげたか』

 (河出書房新社・3456円)

食事から読み解く英国史

 食材と料理法を通じて語られる大英帝国・英連邦の社会史であり経済史である。

 話の始まりは十六世紀、それまでは国内で自給していた主要な食材に遠くからのものが加わった。北海やアイスランド沖、北大西洋から塩ダラが大量に届くようになった。これと新大陸からのジャガイモは今もイギリスの伝統料理として知られるフィッシュ・アンド・チップスに繋(つな)がる。

 十八世紀、大英帝国はとても豊かになった。「一七七五年にはイギリスが輸入する品の金銭的価値にして半分…

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 奈良・橿原の殺人・放火 不明の男性が事件後、福岡のネットカフェに?

  5. 子供らに「補助犬知って」 シンシア主人公の紙芝居も 兵庫・宝塚でシンポジウム

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです