メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 「分からない」届かず 支援打ち切り、不登校に

女子生徒が中学校で使っていた社会のノート。「距」や「積」の字が誤っていた=堀智行撮影

 日本語が理解できないにもかかわらず、指導を受けられていない「無支援状態」の子どもは、どのような思いでいるのか。山口県内の市立校に通っていた中学2年生の女子生徒(13)は昨年9月、日本語が分からないストレスから不登校になった。自治体の日本語教育支援が途中で打ち切られてから、誰にも悩みを打ち明けられずにいた。

 女子生徒は山口県生まれで、母親(46)が日本籍で父親は韓国籍。父親の留学などで米国や欧州、南米など…

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1220文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. トランプ氏の大相撲観戦 国技館内外でピリピリ 当日券販売は通常の半分に
  4. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  5. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです