メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

消えた2時間ドラマ 浅見光彦/十津川警部/家政婦は見た…昭和の感性、若者に遠く

2時間ドラマ 放送枠の変遷と主なシリーズ作品

 民放テレビ各局が競い合い、最盛期にはほぼ毎日、新作が放送されていた「2時間ドラマ」のレギュラー放送枠が、今年3月でなくなった。多くの人気シリーズを生んだ2時間ドラマが消えた背景を探った。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)【屋代尚則】

視聴率30%記録

 民放最後のレギュラー放送枠となったのはTBS系「月曜名作劇場」。TBSの2時間ドラマは渡瀬恒彦さん(故人)らが主人公を務めた「十津川警部」シリーズなどの名作を生んだが、3月で終了となり、2時間ドラマを定期的に放送する民放の番組枠はゼロになった。13~59歳の視聴者層を重視する戦略に切り替えたTBSは「ハイターゲット(高い年代の視聴者層)に向けた放送になっていた」(石丸彰彦・編成部企画総括)と打ち切りに踏み切った理由を説明する。

 2時間ドラマの黎明(れいめい)期は1970年代。米国で映画会社がテレビ放送用に手がけたオリジナル作…

この記事は有料記事です。

残り1659文字(全文2053文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 幸福度1位 フィンランドに見るゆとりと透明性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです