メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

消えた2時間ドラマ 文化の灯、もう一度 「帝王」船越英一郎さん

船越英一郎さん=屋代尚則撮影

 数多くの作品に出演し“2時間ドラマの帝王”の異名を持つ俳優の船越英一郎さん(58)に、2時間ドラマへの思いを聞いた。【聞き手・屋代尚則】

 2時間ドラマは「テレビで見られる映画」。日本が世界に誇る文化の一つだと思っている。オリジナリティーあふれる文化の灯が消えるのは、さびしいを通り越し、これで良いのだろうかとさえ考えている。

 僕が2時間ドラマに出演し始めたのは20代の頃。当時は同じ世代の視聴者も多かった。2時間ドラマは元々…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文450文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです