メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース番組で「性別突き止める」企画 批判殺到、コメンテーターも激怒

問題となった読売テレビのニュース番組「かんさい情報ネットten.」の番組情報ページ

 読売テレビのニュース番組「かんさい情報ネットten.」が10日、外見で男性か女性か分からない人の性別を確認するという趣旨の企画を放送し、ネット上で批判が殺到している。コメンテーターとして出演していた作家、若一光司さんがその場で「許し難い人権感覚の欠如だ」などと抗議したことにも、注目が集まっている。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

 「かんさい情報ネットten.」は平日午後4時47分から放送されている。問題となった企画は、お笑いコンビ・藤崎マーケットが、街の話題を調査する「迷ってナンボ!」のコーナー。「店の常連が男性か女性か分からない」という飲食店員からの依頼を受け、その常連客を直撃し、恋人の有無や下の名前を聞いたり、体を触ったりした上で、最終的には保険証を確認して、疑問を解決する――という内容。「失礼なことを聞いて、すみませんでした!」というナレーションで締めている。

 この映像をスタジオで見ていたコメンテーターの若一さんが、その場で激怒した。

 「男性か、女性かどっちかという質問のやり方、これは許し難い人権感覚の欠如ですね。個人のセクシュアリティーにそういう形で踏み込むべきじゃないです。そんなもの、よう平気で放送できるね。どういう感覚ですか、報道番組として。ちゃんと考えろよ」

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです