大津園児死傷事故 市民の献花続く 近くの空き地に献花台移動

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
供えられた花束やお菓子であふれかえる事故現場付近=大津市で2019年5月12日午後0時47分、山崎一輝撮影
供えられた花束やお菓子であふれかえる事故現場付近=大津市で2019年5月12日午後0時47分、山崎一輝撮影

 大津市大萱(おおがや)6の滋賀県道交差点で車同士が衝突し、巻き込まれた保育園児ら16人が死傷した事故で、現場近くに設置された献花台には12日も多くの市民らが訪れ、亡くなった園児2人の冥福を祈った。献花台は花や菓子、ジュースなどが山積みとなり、小さな命が無残に奪われた悲しみの深さが伝わる。

 歩道上にあった献花台は大量の献花などで…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文370文字)

あわせて読みたい

ニュース特集