メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

日本の100mも9秒台時代へ サニブラウン9秒99

 2018年に世界で9秒台をマークした選手は21人を数える。サニブラウンが出した9秒99は、昨季の19位タイに相当する。一方、最近の五輪や世界選手権の決勝進出ラインは10秒00前後だ。大舞台で他のスプリンターと競り合った時に力を発揮できるかどうかが鍵となるが、100メートルでも世界のファイナリストに一歩近づいた。

 日本の男子短距離は本格的に「9秒台時代」に突入したと言える。勝負強さに定評のある山県亮太(セイコー…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文589文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  4. 「まじですか」グリーンランド売却拒まれトランプ氏デンマーク訪問延期

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです