メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北京五輪400リレーメンバーに銀メダル 朝原さんら4人、新たな思い

北京五輪の男子400メートルリレーで銀メダルに繰り上がり、笑顔を見せる(左から)朝原宣治さん、高平慎士さん、末続慎吾さん、塚原直貴さん=横浜市の日産スタジアムで2019年5月12日、久保玲撮影

 2008年北京五輪で銅メダルを獲得し、昨年に上位チームのドーピング違反による失格で2位への繰り上げが決まった陸上男子400メートルリレー日本代表の塚原直貴(34)、末続慎吾(38)、高平慎士(34)、朝原宣治(46)の4氏に12日、横浜市内で銀メダルが授与された。日本男子短距離界初のメダル獲得の快挙から約11年を経て、新たなメダルが贈られた。4人の談話は次の通り。

 朝原宣治さん 銀メダルに昇格するのは喜ばしい。一方で、これから反ドーピングのルールを守り違反者がなくなるスポーツ界になってほしいとも思う。私たちがメダルを取ったことで日本のリレーが一つの壁を越え、世界(での勝負)に対する認識が変わったことは評価してもらっていいのではないか。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 分かれても「民主党」 立憲、国民、衆院比例代表で同じ略称 票は「案分」へ

  3. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  4. チームの浮沈で学んだ「一喜一憂しても仕方ない」 ヤマハの窮地救った31歳 都市対抗東海2次

  5. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです