メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

16歳の竹田創2位 クライミング・スピード国際大会

自己記録を更新した竹田創の決勝の登り=東京都昭島市のモリパークアウトドアヴィレッジで2019年5月12日、喜屋武真之介撮影

 2020年東京五輪で初めて採用されるスポーツクライミングで、高さ15メートルの壁を登る速さを競う種目、スピードの国際大会が12日、東京都昭島市のモリパークアウトドアヴィレッジで行われた。男子の緒方良行(神奈川大)が準々決勝で敗退したものの、6秒373の日本新記録をマーク。男子日本勢の最高は16歳の竹田創(宮城・仙台城南高)の2位…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです