メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

ルーツ探求と歴史の継承

 雑誌『文藝春秋』6月号に掲載された作家、村上春樹さんのエッセー「猫を棄(す)てる--父親について語るときに僕の語ること」が話題を呼んでいる。これまでプライベートな事柄に関しては寡黙だった作家が、11年前に亡くなった父親のことをはじめ、自らの生い立ちにかかわる私的な事実を赤裸々に明かしているのが驚きだ。

 そこに付された2枚の写真も、読者の目を奪うかもしれない。1枚では幼い村上さんがバットを構え、父親がキャッチャー役で構えている。もう1枚には、兵庫県にあった自宅の庭で猫を膝の上に抱える8歳の村上さんが写っている。ほほ笑ましい家庭的なスナップだが、文章の中身は全体に決して幸福なトーンではない。むしろ、かつて長い期間「冷え切った」関係にあったという父親の描き方には、たじろぐほどに突き放したところがある…

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです