連載

論の周辺

本や雑誌をはじめ、世に飛び交う「論」から、さまざまな話題・現象について考えます。

連載一覧

論の周辺

ルーツ探求と歴史の継承

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 雑誌『文藝春秋』6月号に掲載された作家、村上春樹さんのエッセー「猫を棄(す)てる--父親について語るときに僕の語ること」が話題を呼んでいる。これまでプライベートな事柄に関しては寡黙だった作家が、11年前に亡くなった父親のことをはじめ、自らの生い立ちにかかわる私的な事実を赤裸々に明かしているのが驚きだ。

 そこに付された2枚の写真も、読者の目を奪うかもしれない。1枚では幼い村上さんがバットを構え、父親がキャッチャー役で構えている。もう1枚には、兵庫県にあった自宅の庭で猫を膝の上に抱える8歳の村上さんが写っている。ほほ笑ましい家庭的なスナップだが、文章の中身は全体に決して幸福なトーンではない。むしろ、かつて長い期間「冷え切った」関係にあったという父親の描き方には、たじろぐほどに突き放したところがある…

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1504文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集