メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画のミカタ

英国並みとは言わないけれど=勝田友巳

映画「ダイアナ」の一場面=ギャガからDVD発売中、4212円

 米国映画「ラルフ一世はアメリカン」(1991年)は、一堂に会した英王族が全員感電死する場面で始まる。やっと見つけた王位継承資格者は、米国の粗野なピアノ弾き。伝統も格式もそっちのけの新国王ラルフ1世をめぐるドタバタ喜劇だ。よくぞこんな不謹慎な映画を作れたと、米国人の大胆さと英国民の寛容さに感心したものだ。

 これは極端でも、英王室は映画のネタ元。近年でも、現女王のエリザベス2世(「クィーン」、2006年)…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文870文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです