メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

古事記に問う日本人とは 諫早出身・脚本家故市川森一さんの妻が長崎で一人語り

市川森一さん

 長崎県諫早市出身の脚本家、市川森一(しんいち)さん(1941~2011年)がライフワークにしていた「古事記」を題材にした一人語り「天語(あまがた)り」(全6回)を、妻で女優の柴田美保子さん(70)が4月から来年2月までの隔月、長崎市の長崎歴史文化博物館で公演している。柴田さんは「『古事記を通して日本人とは何かを考えてほしい』という市川の思いをたくさんの人に伝えたい」と話す。【足立旬子】

 古事記は712年に成立した現存する日本最古の歴史書で、柴田さんによると、市川さんは「一番古い歴史書…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです