メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

大嘗祭の米、栃木・京都産 斎田点定の儀で決まる

 皇位継承に伴う今年11月の皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」で神前に供える米を育てる地域を定める宮中祭祀(さいし)「斎田点定(さいでんてんてい)の儀」が13日、皇居・宮中三殿で行われた。亀の甲羅をあぶって生じる亀裂の形を基に占う「亀卜(きぼく)」によって栃木県と京都府に決まった。

 儀式は午前10時ごろから、宮中三殿の敷地内に設置した「斎舎(さいしゃ)」と呼ばれる天幕で行われた。儀式は非公開で、宮内庁によると、皇室の祭祀を担当する天皇家の私的職員である掌典(し…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟・上越市でも山田太郎氏の票少なく 選管「開票は適正」
  2. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  5. 吉本興業東京本部に爆破予告 社長会見前に110番

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです