メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気になるいっぴん

/9 嬉野・ブラウンチーズ 日本古来のチーズから着想 /佐賀

カットされたブラウンチーズ。そのまま食べてもパンなどにトッピングしてもおいしい

 水田が広がる嬉野市塩田町の一角で、国産チーズのコンクールで最高賞に輝いた珍しいチーズが作られている。キャラメルのような濃厚なコクと食感に、黒糖を思わせる甘さが特徴の「ブラウンチーズ」は、一度食べるととりこになるファンも多いという。

 同市のチーズ工房「ナカシマファーム」は家族で酪農業を営み、工房に隣接する牛舎で搾った新鮮な生乳を原料に使う。3代目の中島大貴(ひろたか)さん(32)は「地元特産品の嬉野茶やコーヒーに合うチーズ」を目指し、チ…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです