メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの味この味

熊本・水俣 寒漬大根 ご飯に合う独特のコク /熊本

寒漬大根作りを担当している宮本千恵美さん=笠井光俊撮影

 熊本県南部の水俣・芦北地方の家庭では昔から、特産の浅漬け「寒漬(かんづけ)大根」が食卓に添えられてきた。ただ、近年は作る人も大幅に減り、地元スーパーや物産店などで細々と販売されている。そんな中、水俣市港町の「大和(やまと)うどん」特製の寒漬大根は、コクがありながらもあっさりしていてご飯類によく合い、「昔ながらの味」と評判だ。

 寒漬大根は、通常の大根の1・5倍ほどの長さがある漬物用大根を冬の寒風にさらして干し、いったん塩漬け…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文949文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業東京本部に爆破予告 社長会見前に110番
  2. ザギトワ選手 首相にマサルのぬいぐるみ 官邸表敬
  3. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  4. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  5. 新潟・上越市でも山田太郎氏の票少なく 選管「開票は適正」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです