メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バリアフリー・ファッションショー

機能的でおしゃれな服披露 大分市主催講座受講生の作品 /大分

車椅子に乗っても着れる特別な和服でショーに出た新上さん=白川徹撮影

 障害者が自分に合った機能的でおしゃれな服を着てステージに立つ「バリアフリー・ファッションショー」が12日、大分市府内町1のコンパルホールであった。既製服ではない障害者に合った服を作る市主催講座の受講生らの作品で、カラフルな衣装に身を包んだモデルが現れるたびに大きな拍手が送られた。【白川徹】

 講座は、障害者の服を作る独自の手法を考案した市内の服飾デザイナー、鶴丸礼子さん(62)を講師に、市障害福祉課が昨年6月から今年3月まで開催。障害者やその家族ら受講生約40人がアイデアを出し合って障害者に合う服を作ってきた。

 ショーには車椅子に乗って着るのは難しいとされる和服も登場。和服は介助者にとっても着せにくく、障害者…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです