メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20農相会合

AIで生産性向上 閣僚宣言採択し閉幕

 新潟市で開かれた主要20カ国・地域(G20)農相会合は12日、世界の人口増加に対応するため、人工知能(AI)やロボットなどの最新技術の活用で農業の生産性を上げることなどを盛り込んだ閣僚宣言を採択し、閉幕した。【神崎修一】

 新興国の人口増加に伴い食料需要が増加する一方で、先進国では生産者の高齢化や担い手不足が進んでおり、将来的な食料の安定供給が危うくなるとの懸念を共有。閣僚宣言は「農業の生産性向上と食料の損失・廃棄の削減を含む流通の効率化が必要」として、技術革新や「食品ロ…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです