メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

今週のおすすめ紙面 日本初トラスト運動が45年/大腸がんを早期発見/馳星周さんの小説「スミレの香り」

 ◆ストーリー

    日本初トラスト運動が45年 19日・日曜日 1面、ストーリー面

     自然環境を無理な開発から守るために市民が土地を買い取るナショナルトラスト運動。その第1号法人に認定された「天神崎の自然を大切にする会」(和歌山県田辺市)が運動を始めて45年となります。苦難を乗り越え、今もリーダーとして活動する玉井済夫(すみお)さん(80)を通して、日本の自然保護とナショナルトラストの課題に迫りました。

     ◆くらしナビ

    大腸がんを早期発見 15日・水曜日 くらしナビ面

     私たちの日々の生活とは切っても切れない関係であるごみ。しかし、捨てられた「その先」を考えることは少ない。ごみの常識やごみ行政の「矛盾」をつづる新連載。1回目は、引っ越しなどで発生する粗大ごみがテーマ。処理する自治体に一度に出せる量が決まっていることなどから、無許可の違法な業者が横行している現状を現場から報告します。

     最新の統計によると2016年に新たにがんと診断された患者は99万人にも上ります。「がん患者100万人時代」の到来とも言えますが、がんの原因や治療法などは発生した臓器ごとにさまざまです。シリーズ「がん大国白書」の新企画では、早期発見のための検査や治療法などを部位別に紹介していきます。第1部では、最も患者数の多い大腸がんを3回取り上げます。

    馳星周さんの小説「スミレの香り」 16日・木曜日から

     馳星周さんの新連載小説「スミレの香り」が、夕刊で始まります(一部地域では朝刊に掲載)。犬の訓練士をしていた男が、愛犬と各地を旅ししつけ教室などを開いている中で、事件に遭遇します。

     馳さんは1996年に「不夜城」でデビューし、人間や社会の暗部を描いてきました。今作では「許しについて書いてみようと思っている」と話しています。


     掲載日や内容は変更することがあります。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
    2. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
    3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
    4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
    5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです