メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

三井物産フォレスト・菊地美佐子社長

インタビューに答える三井物産フォレストの菊地美佐子社長=東京都中央区で2019年4月15日、内藤絵美撮影

森林保全は社会的責任

 三井物産が国内に保有する山林74カ所、約4万4000ヘクタールを管理する「三井物産フォレスト」。その面積は国土の約0・1%にあたる。民有林では国内第4位の規模で、管理方法が一定の基準を満たす森林に与えられる国際認証を全山林で取得している。環境保全や次世代エネルギーにも取り組み「社会に役立ちたい」と話す菊地美佐子社長が、森林の役割と将来ビジョンを語った。【聞き手・藤田裕伸、写真・内藤絵美】

 --総合商社がなぜ広大な森林を保有しているのですか。

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1279文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです