メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

三井物産フォレスト・菊地美佐子社長

インタビューに答える三井物産フォレストの菊地美佐子社長=東京都中央区で2019年4月15日、内藤絵美撮影

森林保全は社会的責任

 三井物産が国内に保有する山林74カ所、約4万4000ヘクタールを管理する「三井物産フォレスト」。その面積は国土の約0・1%にあたる。民有林では国内第4位の規模で、管理方法が一定の基準を満たす森林に与えられる国際認証を全山林で取得している。環境保全や次世代エネルギーにも取り組み「社会に役立ちたい」と話す菊地美佐子社長が、森林の役割と将来ビジョンを語った。【聞き手・藤田裕伸、写真・内藤絵美】

 --総合商社がなぜ広大な森林を保有しているのですか。

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1279文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. 大きな虹 福岡の空に
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 「桜を見る会」安倍政権で拡大 支出は当初予算の3倍 「政権近い人招待」と批判も
  5. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです