メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

三井物産フォレスト・菊地美佐子社長

インタビューに答える三井物産フォレストの菊地美佐子社長=東京都中央区で2019年4月15日、内藤絵美撮影

森林保全は社会的責任

 三井物産が国内に保有する山林74カ所、約4万4000ヘクタールを管理する「三井物産フォレスト」。その面積は国土の約0・1%にあたる。民有林では国内第4位の規模で、管理方法が一定の基準を満たす森林に与えられる国際認証を全山林で取得している。環境保全や次世代エネルギーにも取り組み「社会に役立ちたい」と話す菊地美佐子社長が、森林の役割と将来ビジョンを語った。【聞き手・藤田裕伸、写真・内藤絵美】

 --総合商社がなぜ広大な森林を保有しているのですか。

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1279文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです