メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SDGs・持続可能な未来へ

/2 野村ホールディングス 投資の役割を出前授業

オリジナル教材を広げ、先生役の野村ホールディングス社員の質問に手を挙げて答える生徒ら=同社提供

 少子高齢化、地方衰退、環境保全--。世の中のさまざまな課題を解決するには、先立つ資金が必要だ。「お金を循環させ、社会の発展を促す」という投資が持つ役割を正しく理解してもらおうと、野村ホールディングスは金融・経済教育に取り組んでいる。

 約20年前に大学の講座からスタートしたプログラムは現在、小学生から社会人までさまざまな世代に対象を広げ、全国各地で社員が「出前授業」を行っている。受講生は累計85万人、オリジナル教材の発行部数も累計86万冊に及ぶ。

 中学・高校生向けのプログラムでは、生徒たちが起業家と投資家に分かれ、社会の課題解決に挑戦する。「高…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです