メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

意識調査

「仕事より家庭」、できない現実

 男女とも仕事より家庭生活を優先したいが、現実の暮らしは仕事優先--。内閣府による正社員の意識調査で、こんな結果が出た。同省担当者は「労働時間の長さや休みの取りにくさが影響しているとみられる。ワーク・ライフ・バランス向上のため、個人の希望に配慮した取り組みが必要」と指摘する。

 昨年8月、インターネットで調査。20~60代の正社員の男女計3000人の回答を分析した。「仕事」「家庭生活」「地域社会・個人の生活」…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです