メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

発達障害と就活 「その先」の人生見据え支援

発達障害やその傾向のある学生向けのプログラムで広告制作のグループワークに取り組む男子学生たち=東京都港区で

 <kyoiku no mado>

 発達障害やその傾向のある学生が増加する中、課題になっているのが就職だ。障害のない学生に比べ就職率が低く、仕事に就いてからも障害に起因して対人関係に悩み苦しむケースが少なくない。そこで、自分の障害の特性を理解しながら就活ができるように支援する動きが広がっている。

 ●精神疾患発症も

 「発達障害」は、対人関係が苦手でこだわりが強い「自閉スペクトラム症」▽不注意や衝動的な行動が目立つ…

この記事は有料記事です。

残り1589文字(全文1796文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです