メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

発達障害と就活 「その先」の人生見据え支援

発達障害やその傾向のある学生向けのプログラムで広告制作のグループワークに取り組む男子学生たち=東京都港区で

 <kyoiku no mado>

 発達障害やその傾向のある学生が増加する中、課題になっているのが就職だ。障害のない学生に比べ就職率が低く、仕事に就いてからも障害に起因して対人関係に悩み苦しむケースが少なくない。そこで、自分の障害の特性を理解しながら就活ができるように支援する動きが広がっている。

 ●精神疾患発症も

 「発達障害」は、対人関係が苦手でこだわりが強い「自閉スペクトラム症」▽不注意や衝動的な行動が目立つ…

この記事は有料記事です。

残り1589文字(全文1796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです