メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 復興へ歩む杷木小学校/3 避難所の“兄”と再会

避難所で一緒に過ごした満生さん(右端)の案内で校舎を見学する熊谷さん(左端)=福岡県朝倉市で

 <kyoiku no mado>

 今年4月11日、福岡県朝倉市の市立杷木(はき)小学校は開校2年目の入学式を迎えた。36人の新入生の一人、熊谷瑛(あきら)さん(6)は、いつもより早く起きて母恵理子さん(46)の車で学校へ向かった。

 自宅近くにあった松末小は昨年閉校して杷木小に統合された。今春、旧松末小校区から杷木小に入学する1年生は熊谷さんただ一人。学校までは自宅から約3キロ。入学後はスクールバスで通うことになる。熊谷さんが乗るバスルートは自宅そばが終点だ。

 初登校に緊張の色を隠せなかった熊谷さんだが、ある6年生の“お兄さん”との再会で、その表情は和らいだ…

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文1082文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 山頂に沈む満月 令和初の「パール槍ケ岳」
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです