メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

日本9秒台時代へ サニブラウン、桐生に続く

 2020年東京五輪に向け、日本の男子短距離界に弾みをつける好記録が生まれた。米アーカンソー州フェイエットビルで11日に行われた陸上の米大学南東地区選手権男子100メートル決勝で、フロリダ大のサニブラウン・ハキームが日本歴代2位の9秒99(追い風1・8メートル)で優勝。20歳のホープは、桐生祥秀(日本生命)の日本記録にわずか0秒01差に迫った。今月の記録から対象となる同種目の東京五輪参加標準記録(10秒05)の日本選手突破第1号になった。

この記事は有料記事です。

残り1140文字(全文1361文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ火災で全国の「聖地」に衝撃 各地から「心配だ」「ショックだ」の声
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです