陸上

日本9秒台時代へ サニブラウン、桐生に続く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪に向け、日本の男子短距離界に弾みをつける好記録が生まれた。米アーカンソー州フェイエットビルで11日に行われた陸上の米大学南東地区選手権男子100メートル決勝で、フロリダ大のサニブラウン・ハキームが日本歴代2位の9秒99(追い風1・8メートル)で優勝。20歳のホープは、桐生祥秀(日本生命)の日本記録にわずか0秒01差に迫った。今月の記録から対象となる同種目の東京五輪参加標準記録(10秒05)の日本選手突破第1号になった。

この記事は有料記事です。

残り1140文字(全文1361文字)

あわせて読みたい

ニュース特集