メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

日本9秒台時代へ サニブラウン、桐生に続く

 2020年東京五輪に向け、日本の男子短距離界に弾みをつける好記録が生まれた。米アーカンソー州フェイエットビルで11日に行われた陸上の米大学南東地区選手権男子100メートル決勝で、フロリダ大のサニブラウン・ハキームが日本歴代2位の9秒99(追い風1・8メートル)で優勝。20歳のホープは、桐生祥秀(日本生命)の日本記録にわずか0秒01差に迫った。今月の記録から対象となる同種目の東京五輪参加標準記録(10秒05)の日本選手突破第1号になった。

この記事は有料記事です。

残り1140文字(全文1361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです