メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

日本9秒台時代へ サニブラウン、桐生に続く

 2020年東京五輪に向け、日本の男子短距離界に弾みをつける好記録が生まれた。米アーカンソー州フェイエットビルで11日に行われた陸上の米大学南東地区選手権男子100メートル決勝で、フロリダ大のサニブラウン・ハキームが日本歴代2位の9秒99(追い風1・8メートル)で優勝。20歳のホープは、桐生祥秀(日本生命)の日本記録にわずか0秒01差に迫った。今月の記録から対象となる同種目の東京五輪参加標準記録(10秒05)の日本選手突破第1号になった。

この記事は有料記事です。

残り1140文字(全文1361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです