メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

「看板」貴景勝、圧倒

貴景勝(左)が押し出しで遠藤を降す=東京・両国国技館で2019年5月12日、長谷川直亮撮影

初日(12日・両国国技館)

 新大関の貴景勝は遠藤を圧倒し、白星発進。白鵬の休場で一人横綱の鶴竜は小結・御嶽海を一気に押し出した。大関陣は豪栄道が北勝富士を寄せ付けなかったが、高安は元大関・琴奨菊に完敗した。両関脇は今場所10勝以上すれば大関に復帰できる栃ノ心が千代大龍に快勝した一方、先場所14勝の逸ノ城は大栄翔に突き出された。新入幕は炎鵬が徳勝龍を破ったが、志摩ノ海は敗れて明暗を分けた。

この記事は有料記事です。

残り1280文字(全文1475文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです