メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツクライミング

スピード国際大会 緒方が日本新

 2020年東京五輪で初めて採用されるスポーツクライミングで、高さ15メートルの壁を登る速さを競う種目、スピードの国際大会が12日、東京都昭島市のモリパークアウトドアヴィレッジで行われた。男子の緒方良行(神奈川大)が準々決勝で敗退したものの、6秒373の日本新記録をマーク。男子日本勢の最高は16歳の竹田創(宮城・仙台城南高)の2位…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  4. 日中合同追悼の集い 強制連行、悲劇訴える靴 6830人分、それぞれに命と家族 /東京

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです