メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 英語通じず手探り アフガンから5児迎え

長男のアブドゥルラハマンさん(11)を先頭に下校するアフガニスタンから来た5人きょうだい=青森県おいらせ町で2019年2月21日、堀智行撮影

 外国籍児が集住地域だけでなく全国に広がったことで、これまで日本語教育を実施する必要がなかった自治体にも、対応が求められるようになった。青森県おいらせ町立下田小学校(児童数107人)には昨春、アフガニスタンから5人きょうだいが編入した。5人は日本語も英語も話せなかった。下田小は言葉が全く通じない児童を初めて受け入れ、手探りで支援を始めた。

 「何とかきょうだいを受け入れてくれないか」。景勝地、奥入瀬川流域にある下田小に昨年1月、町教育委員…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1226文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです