メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 手探りで課題克服 アフガニスタンの5きょうだい迎え

日本語教室で授業を受けるアフガニスタン籍の児童。左から四女のブシャラさん(10)、三女のバスナマさん(11)、長男のアブドゥルラハマンさん(11)=青森県おいらせ町で、堀智行撮影

 外国籍児が集住地域だけでなく全国に広がったことで、これまで日本語教育を実施する必要がなかった自治体にも、対応が求められるようになった。青森県おいらせ町立下田小学校(児童数107人)には昨春、アフガニスタンから5人きょうだいが編入した。5人は日本語も英語も話せなかった。下田小は言葉が全く通じない児童を初めて受け入れ、手探りで支援を始めた。

 「何とかきょうだいを受け入れてくれないか」。景勝地、奥入瀬川流域にある下田小に昨年1月、町教育委員…

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1227文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです