メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

日本大会 交流できる? 組織委、練習地を非公表 「レガシー残らない」自治体困惑

ラグビーW杯の会場

 世界トップレベルのプレーが間近で見られないかもしれない--。今秋開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の「公認チームキャンプ地」となっている自治体にこんな不安が広がっている。大会組織委員会が治安上の理由などから、キャンプで使われる練習拠点や日程を非公表とすることを自治体に義務づけているためで、練習の公開や拠点を利用した交流イベントの開催を危ぶむ声も出ている。【斎藤文太郎】

 「大会後にここでキャンプが行われたと明かしても、ラグビーの裾野を広げる効果はあまり見込めない。選手…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1108文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 公取委、ジャニーズ注意 芸能界監視を強化 芸能人と所属事務所の契約トラブル相次ぎ
  2. 京アニのスタジオで爆発 けが人多数 男がガソリンまいたか
  3. ORICON NEWS 芦田愛菜、年間100冊以上読破も「読書が芝居に役立ったことない」 女優論展開で「自由な想像」重視
  4. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  5. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです