メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

画像衛星が故障、防衛省監視力低下 北朝鮮問題で代替策急務に

防衛省=東京都新宿区で、小川昌宏撮影

 防衛省が情報収集のため、撮影の優先利用権を持っていた商用画像衛星「ワールドビュー4」が今年1月に故障し、日本周辺の監視網に「穴」が開いている。内閣衛星情報センターが運用する情報収集衛星などでカバーしているが、運用面や画質低下の問題が生じている。北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射するなど軍事活動を再び活発化させる中、防衛省は優先利用ができる代替の商用衛星の選定を急ぐ方針だ。

 防衛省は、部隊間の通信に使うXバンド通信衛星を2基運用しているが、情報収集衛星は保有していない。内…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです