メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

画像衛星が故障、防衛省監視力低下 北朝鮮問題で代替策急務に

防衛省=東京都新宿区で、小川昌宏撮影

 防衛省が情報収集のため、撮影の優先利用権を持っていた商用画像衛星「ワールドビュー4」が今年1月に故障し、日本周辺の監視網に「穴」が開いている。内閣衛星情報センターが運用する情報収集衛星などでカバーしているが、運用面や画質低下の問題が生じている。北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射するなど軍事活動を再び活発化させる中、防衛省は優先利用ができる代替の商用衛星の選定を急ぐ方針だ。

 防衛省は、部隊間の通信に使うXバンド通信衛星を2基運用しているが、情報収集衛星は保有していない。内閣衛星情報センターは光学カメラ搭載の情報収集衛星を2基保有。特定地点を1日1回以上撮影する能力があるが、災害対応などがあることから、防衛省は商用衛星の画像を購入していた。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文933文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです