米カジノ大手が大阪IR参入を表明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 米統合型リゾート(IR)大手、MGMリゾーツ・インターナショナル日本法人のエド・バワーズ最高経営責任者(CEO)は13日、大阪府・市が募集するカジノを含むIRの事業コンセプトを提出する意向を表明した。バワーズCEOは「心躍る、強いものを出したい」と述べた。

 IRの2024年開業を目指し、大阪府・市は今年4月から、事業者から事業概要(コンセプト)を募っ…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

あわせて読みたい

ニュース特集