メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月例経済報告、焦点に 景気動向指数6年ぶり「悪化」

 内閣府が13日公表した3月の景気動向指数(CI、速報値)は、景気の現状を示す一致指数(2015年=100)が99.6と、前月から0.9ポイント下落し、景気の基調判断をこれまでの「下方への局面変化」から「悪化」に引き下げた。基調判断が「悪化」になるのは13年1月以来、6年2カ月ぶり。基調判断はあらかじめ決まった基準に基づき機械的に導き出すが、この表現は景気が後退局面にある可能性が高いことを示す。今後は、今月下旬にある政府の総合的な景気判断である月例経済報告で「緩やかな回復」の判断を見直すかどうかが焦点になる。

 一致指数は16年9月以来の低水準。前月比でマイナスになったのは、中国経済の減速で輸出が鈍ったことが大きい。輸出低迷を受け、半導体や液晶製造装置で出荷減少が続いていることが響いた。また、自動車の生産・出荷が減少したことなども影響した。一方、コンビニなど、小売業の販売額は増加しプラスに寄与した。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです