メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中対立、国内景気に波及 景気動向指数「悪化」

日経平均株価が前日比100円を超える安値を示す街頭のモニター=東京都中央区で2019年5月13日午前9時52分、吉田航太撮影

 内閣府が3月の景気動向指数(CI、速報値)で景気の基調判断を6年2カ月ぶりに「悪化」へ下方修正したのは、米中貿易戦争の影響で中国向け輸出が低迷し、国内の生産活動でも負の影響が広がっているためだ。政府は雇用・所得環境などが堅調と説明するが、貿易戦争は激化の動きをみせており、日本経済の先行き不透明感が強まっている。10月に予定される消費税増税を巡り、安倍政権内で延期論が広がる可能性もある。

 景気の現状を示す景気動向指数の一致指数は、鉱工業生産指数など9項目の指数を基に算出している。基調判…

この記事は有料記事です。

残り2200文字(全文2445文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 青春がしたかった いじめ対策の課題/上 「大丈夫」と去った息子 母「誰も自殺見抜けぬ」 /青森

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです