メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中対立、国内景気に波及 景気動向指数「悪化」

日経平均株価が前日比100円を超える安値を示す街頭のモニター=東京都中央区で2019年5月13日午前9時52分、吉田航太撮影

 内閣府が3月の景気動向指数(CI、速報値)で景気の基調判断を6年2カ月ぶりに「悪化」へ下方修正したのは、米中貿易戦争の影響で中国向け輸出が低迷し、国内の生産活動でも負の影響が広がっているためだ。政府は雇用・所得環境などが堅調と説明するが、貿易戦争は激化の動きをみせており、日本経済の先行き不透明感が強まっている。10月に予定される消費税増税を巡り、安倍政権内で延期論が広がる可能性もある。

 景気の現状を示す景気動向指数の一致指数は、鉱工業生産指数など9項目の指数を基に算出している。基調判断は「3カ月以上連続して下降」など、あらかじめ決められた基準に従って機械的に判断を下すのが特徴。9項目のうち4項目を占める生産・出荷の影響を強く受ける傾向がある。

この記事は有料記事です。

残り2119文字(全文2445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです