メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

亀甲占いは「栃木と京都産」 皇居で斎田点定の儀 大嘗祭に使う米決定

斎田点定の儀で使われる道具。左から「炭入(すみいれ)」、「硯(すずり)」、「小刀」、「筆」、「水器(すいき)」=宮内庁提供

 皇位継承に伴う今年11月の皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」で神前に供える米を育てる地域を定める宮中祭祀(さいし)「斎田点定(さいでんてんてい)の儀」が13日、皇居・宮中三殿で行われた。亀の甲羅をあぶって生じる亀裂の形を基に占う「亀卜(きぼく)」によって栃木県と京都府に決まった。

 儀式は午前10時ごろから、宮中三殿の敷地内に設置した「斎舎(さいしゃ)」と呼ばれる天幕で行われた。儀式は非公開で、宮内庁によると、皇室の祭祀を担当する天皇家の私的職員である掌典(し…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

  5. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです