メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白黒シャツの人間碁、30人が楽しむ 本因坊戦イベント

本因坊戦第1局の会場近くで行われている囲碁まつりで、白黒のTシャツを着て「人間碁」に参加する人たち=岩手県大船渡市の「キャッセン大船渡」で2019年5月12日午前10時33分、手塚耕一郎撮影

 岩手県大船渡市のおおふなぽーと(防災観光交流センター)で開幕した囲碁の第74期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社・日本棋院・関西棋院主催、大和証券グループ協賛)第1局は12日、挑戦者の河野臨九段(38)が本因坊文裕(もんゆう)(29)=井山裕太九段=を破り、初戦を飾った。会場近くのキャッセン大船渡コミュニティースペースでは大盤解説会が開かれ、ファンら約60人が聴き入った。

 解説を平田智也七段、聞き手を木部夏生(なつき)二段が務めた。平田七段が「序盤は最近では本当に珍しい…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文693文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです