メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IPCC指針改定版公表 日本の温室効果ガス観測衛星の活用など盛り込む

IPCCの第49回総会について開かれた記者会見=京都市左京区で2019年5月13日午前10時8分、川平愛撮影

 国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は13日、地球温暖化を招く温室効果ガスの排出量の算定方法を示した改定指針の概要を公表した。12日まで京都市で開かれていた第49回総会で採択された。算定の精度を高めるため、日本の温室効果ガス観測技術衛星の活用などが新たに盛り込まれた。

 IPCCは温暖化対策を進めるため、世界中の科学者が参加して温暖化の将来予測などの知見をまとめる政府間組織。

 8日に開幕した今回の総会は、各国の政府代表ら約360人が出席した。現行の温室効果ガス排出量算定方法…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文958文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  2. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです