メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外巨人選手 新型コロナ感染の疑い

借金苦「死ぬなら一緒に」最期の旅3カ月 夫の悔恨と、妻が言い残した「郵便貯金」

 「死ぬ必要のなかった人。すぐにでも供養し、納骨したい」。佐賀地裁で承諾殺人と死体遺棄の罪に問われている住居不定、無職の岡田加津吉被告(71)は、自らがあやめた妻幸子さん(当時79歳)への思いを法廷で弱々しく語った。借金を苦に心中へと突き進んだ老夫婦の最期の旅は3カ月に及んだ。判決は14日に佐賀地裁で言い渡される。

 事件は今年1月、佐賀県吉野ケ里町で幸子さんの遺体が見つかったことで発覚した。逮捕された岡田被告は、兵庫県内で妻を絞殺したとされる。

この記事は有料記事です。

残り1185文字(全文1409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 青森の住宅で61歳女性死亡 頭に殴られたような傷 殺人事件で捜査

  4. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  5. EU外相、米黒人拘束死を「権力の乱用」と非難 デモは欧州に飛び火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです