性別突き止める番組企画、読売テレビが謝罪 コーナー休止

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
読売テレビのウェブサイトより
読売テレビのウェブサイトより

 読売テレビのニュース番組「かんさい情報ネットten.」内のコーナーで一般の人に性別を確認する内容を放送した問題で、読売テレビは13日、「人権上、著しく不適切な取材を行い、その内容を放送した」として、「視聴者および関係者の皆様に深くおわびします」とする謝罪文を発表、同社の公式サイトにも掲載した。問題になったコーナーは当面の間、放送を休止する。

 番組は月~金曜午後4時47分から放送。10日のコーナー「迷ってナンボ!」で、外見では男性か女性か分からない人に対し、体を触ったり保険証を確認したりする内容を放送した。VTRを見たコメンテーターの作家、若一光司氏が「許し難い人権感覚の欠如」と厳しく指摘していた。

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文806文字)

あわせて読みたい

ニュース特集