メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JASRAC、大阪のバーも提訴 楽曲無断使用

JASRACの本部が入るビル=東京都渋谷区で2019年5月14日、曽根田和久撮影

 著作権を管理している楽曲を無断で流しているとして、日本音楽著作権協会(JASRAC、東京都)は13日、大阪市中央区のバー経営者に、楽曲の使用料約6万円の支払いや使用の差し止めを求める訴えを大阪地裁に起こした。

 JASRACはBGMの無断使用に対して法的措置を進めている。提訴は近畿地方では初。

 訴状などによると、経営者はバーを開店した2013年以降、使用料を支払わずに店内で市販のCDを再生。JASRA…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです