メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IPCC指針改定 温室効果ガス排出量算定の精度向上に期待

IPCCの第49回総会について開かれた記者会見=京都市左京区で2019年5月13日午前10時31分、川平愛撮影

 地球温暖化対策を進めるため、各国推薦の科学者が参加する国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は温室効果ガス排出量算定方法の指針を13年ぶりに見直し、13日に改定版を公表した。京都市で12日閉幕した総会で決まった。水素製造での排出量算定法などが追加され、来年始まる温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」の下、各国の排出量算定の精度向上が期待される。

 国ごとの排出量は、IPCCの指針を使って燃料消費量をはじめ国単位の統計などに基づいて推計する。改定…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文770文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです