メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稚アユを狙ってパクリ 多摩川のカワウ

多摩川を遡上し、懸命にジャンプする稚アユを狙うカワウ=川崎市中原区の調布取水堰右岸で、手塚耕一郎撮影
多摩川を遡上し、懸命にジャンプする稚アユを狙うカワウ=川崎市中原区の調布取水堰右岸で、手塚耕一郎撮影

 東京都と神奈川県の境界を流れる多摩川で稚アユの遡上(そじょう)がピークを迎えている。河口から約13キロ上流の都水道局調布取水堰(ぜき)では、体長5センチほどに成長し上流を目指してジャンプをするアユを、次々と捕らえるカワウの姿が見られた。

 多摩川のアユを調査している都島しょ農林水産総合センターによると、昨年は過去2番目に多い約994万匹が遡上したとみられるが、今年は12日時点で昨年同時期の10%程度にとどまっている。少雨で水流が減っていることなどが原因として考えられるが、詳しくは分からないという。【手塚耕一郎】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです