メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン

短時間で広範囲の汚染把握 原子力機構、福島の除染に活用

ドローンに搭載した特殊カメラで放射性物質を検知して作製した汚染分布図=日本原子力研究開発機構提供

 日本原子力研究開発機構などは、放射性物質で汚染された場所を可視化する特殊カメラを小型無人機ドローンに搭載し、広範囲の汚染分布を短時間で把握する手法を開発した。上空からでも局所的に汚染された「ホットスポット」を見逃さないため、東京電力福島第1原発事故で福島県に残る帰還困難区域内の除染場所選定に役立ちそうだ。2019年度中に実用化する。

 機構によると、特殊カメラは十数メートル離れた場所からでも放射性物質を検知できる。コンピューター上で…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです