メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台裏へようこそ

バレリーナの靴加工 渡辺恭子 針と糸で魔法をかける

ハンマーやニッパーを駆使してトーシューズを加工する渡辺恭子。手前左は黒く塗りつぶした靴=玉城達郎撮影

 これを履いて爪先で立てば、白鳥にも妖精にもなれる--重力からの解放を演出し、女性を優雅に見せる、魔法の靴がトーシューズ。だが準備が足りないと、踊りは足元から崩れていく。「シューズを体になじませられるのは本人だけ。誰もが理想の一足を求め、加工に精を出しています。舞台裏のバレリーナは靴職人のよう」と証言するのは、スターダンサーズ・バレエ団の看板、渡辺恭子だ。自らのトーシューズに、どんな魔法をかけているのか。

 何足ものシューズと共に渡辺が取り出したのは、ハンマーとニッパー、糸巻きに接着剤、そして裁縫セット。…

この記事は有料記事です。

残り1483文字(全文1737文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 交番襲撃
  3. 逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです