メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

片山九郎右衛門 新たな舞に思い極め 能「大典」を上演

=内藤絵美撮影

 大正天皇の即位に際して作られた能「大典」が、新天皇即位を祝い、7月20日午後2時、横浜能楽堂の特別企画公演「大典 奉祝の芸能」で片山九郎右衛門のシテにより上演される。

 初演は1915(大正4)年の京都・片山能楽堂。ドイツ文学者、藤代禎輔の作詞、二十四世観世左近(元滋)の作曲。勅使が訪れ、即位の大典の奉告祭が催される平安神宮に、天津(あまつ)神が天女を引き連れて天下り、祝福の舞を舞う。

 観世流の現行曲に数えられながら、作品の性格上、上演はまれだが、時には「平安」と題を改め、詞章を変え…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです