メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

孤立も「自己責任」か? イラク人質事件で拘束、NPO法人「D×P」理事長・今井紀明さん

今井紀明さん=大西達也撮影

15年ぶり再訪で見つめた日本

 2004年4月、イラクで日本人3人が武装勢力に拘束される事件があった。自衛隊撤退が人質解放の条件とされ、議論が過熱。3人には「自己責任だ」と批判も上がった。あれから15年。当時18歳の今井紀明さん(33)は今、大阪を拠点に、孤立した若者を支援するNPO法人を運営する。そして4月、イラクへの再訪を果たした。現地で何を見つめたのか。【鵜塚健】

 行動力と好奇心の強さは変わっていない。いじめや虐待、家庭事情ではじき出された若者に教育・生活支援を…

この記事は有料記事です。

残り2614文字(全文2849文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです